ピルのイラストと女性のイラスト

もし、あなたの妊娠が望まないものであった場合、または避妊具を使用していても防げなかった場合に避妊薬というもので回避できる可能性があります。避妊薬について、他人には聞きづらいいろいろな情報を知っておきましょう。

避妊薬と理由と選手について

避妊薬をスポーツ選手、またはフィギュアスケート選手、水泳の選手などが使う場合があります。

これはなぜか?というと避妊薬には低用量ピルというものもあり、この避妊薬には、生理を遅らせる機能などがあるからです。

そのため、大切な試合の際には、このような低用量ピルなどの避妊薬を使って、試合に万全に備えるために、敢えて避妊薬を用いて、生理などを遅らせ、試合を全力で挑戦する、という理由があるためです。

そのため、特に女性の選手の方々の場合には、生理期間であると、なかなか月経困難症などの辛い症状を抱えている人の場合には、特に生理の期間では、うまく普段の力を発揮することができません。

また同時に、酷い月経困難症の場合には、立っていることすらままならず、また、歩くことすらままならないほど、酷い状態と、同時に吐き気や腹痛、めまいなどが、当然のように起こってしまうため、これらを改善するためにも、避妊薬として、低用量ピルが処方されることがあります。

低用量ピルは、避妊薬としてのイメージとなっていますが、上記のようなつらい月経困難症、生理の辛い痛みなどを抑える、改善する薬としても有名であり、妊娠を避けるためのもの、という役割を持っているだけではありません。

このように、上記の理由などから、運動選手、スポーツ選手などは、特に水に入って競技などを行う選手の方々の場合には、生理をずらしたり、生理を軽くするために、避妊薬を使って、試合に万全の体制でのぞむ理由があり、これらのことから、薬が使用されることがあります。

また、同時に他の選手に迷惑にならなないように、全力を尽くすためにも、このように薬をつかって、ご自身の体を管理しています。