ピルのイラストと女性のイラスト

もし、あなたの妊娠が望まないものであった場合、または避妊具を使用していても防げなかった場合に避妊薬というもので回避できる可能性があります。避妊薬について、他人には聞きづらいいろいろな情報を知っておきましょう。

避妊薬では性病や眠気を防ぐことはできない

避妊薬は避妊だけを見た場合、避妊効果が高いのでとにかく妊娠を避けたいというのであれば非常に優秀な方法となっています。
しかし、避妊薬は万能では有りませんからそれ以外に欠点があることを理解しておく必要があります。

避妊薬は妊娠を防ぐ効果はありますが、性病を防ぐ効果は有りませんから性病予防をしなければ感染してしまうリスクが高くなってしまいます。
避妊の際に使われることが多いコンドームは避妊効果があるだけでなく、性病を予防する効果もあるのでそのような点では避妊薬よりも安全性が高いといえます。
ところが避妊薬を飲んだ場合、コンドームを使わなくなってしまうケースが多いためその結果として妊娠はしなくても性病に観戦してしまうということがありますから、妊娠をしないといっても信用出来ない相手と性行為をするときにはコンドームを付けるようにするほうが安全です。

次に避妊薬には副作用があり、人によっては眠気を感じるということもあります。
これに関してはひとそれぞれ相性があるので、全く眠くならない人もいれば頭がぼんやりとして眠気を感じるという人もいて程度に関しては千差万別です。
多くの人は一時的なもので、それが続くということは有りませんがあまりにも長く続くようであれば、医師に相談をするようにしましょう。
また、眠気以外にも倦怠感があったり吐き気があるといった症状も出ることがあり、これは避妊薬を使う上では避けて通ることができないのでこのような問題点があるということも覚えておくことが大切です。

望まない妊娠を避けるために避妊薬というのは非常に役に立ってくれますが、万能というわけでもなければ副作用がないというわけでもないのでよく考えて使うようにしましょう。