ピルのイラストと女性のイラスト

もし、あなたの妊娠が望まないものであった場合、または避妊具を使用していても防げなかった場合に避妊薬というもので回避できる可能性があります。避妊薬について、他人には聞きづらいいろいろな情報を知っておきましょう。

希望によりホルモン含有量の低い避妊薬も選べる

毎日1錠ずつ飲み進めることによって、手軽に避妊ができるというところが魅力の経口避妊薬については、現在ではさまざまな銘柄のものが出まわっています。経口避妊薬は、便利ではある反面、長年にわたってその副作用で女性を苦しめてきたものでもあります。
経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンというふたつのホルモンのはたらきをする物質が有効成分として含まれていますので、その影響として、飲んだときに気分がわるくなる、吐き気がする、頭痛がする。下腹部に痛みがある、胸が張ってしまうといったことがみられたわけです。特に、わが国で最初に出回っていた製品は高用量ピルとよばれるものであり、卵胞ホルモンの量が多く、それが効き目にも反映されるいっぽうで、副作用の症状がかなりひどくあらわれるという特徴がありました。
しかし、現在一般に避妊用として出回っている製品は、低用量ピルとよばれているものであり、以前にくらべると、格段に卵胞ホルモンが含まれている分量が低いものです。ホルモン利用が低いということは、すなわち副作用についてもそれほど困難なものではないということになります。
副作用の出方に関しては、服用する女性の体質によってもかなり大きな違いがあり、まったく副作用がみられないという人もあれば、低用量ピルであるにもかかわらず、いまだに吐き気などの副作用の症状に苦しんでいるという人もあります。病院の婦人科などで避妊薬を処方してもらう場合には、卵胞ホルモンの量がさらに少ない超低用量ピルとよばれるものとを処方してもらうことができる場合がありますので、副作用がひどい人は、超低用量ピルを希望する旨をきちんと伝えておくことがたいせつといえます。