知って得する避妊薬

ピルのイラストと女性のイラスト

もし、あなたの妊娠が望まないものであった場合、または避妊具を使用していても防げなかった場合に避妊薬というもので回避できる可能性があります。避妊薬について、他人には聞きづらいいろいろな情報を知っておきましょう。

避妊薬の種類と効果

今は男女の交際の中で重要である避妊方法も多様化しています。男性のコンドームは以前から知られているものであり、ラブホテルなどにも設置してあるくらい、メジャーな方法になります。しかし、それに代わる存在になるような女性の服用する経口避妊薬であるピルも徐々に浸透しつつあるのです。
避妊薬には、事前に計画的に飲み続けることで効果を発揮する低用量ピルと事後に緊急用に服用する中用量ピルがあります。
低用量ピルというのは、28日間飲み続けることで女性の生理周期を28日間に整えることができるものです。生理不順や生理痛や排卵痛が酷い人の緩和には効果があります。また、正しく毎日服用することで、ほぼ100%の避妊効果があるといわれます。ですから、飲み忘れないように気を付けながら、服用するようにします。
中用量ピルというのは、少し強いホルモン剤が入っている錠剤です。これは性交渉をした時に避妊に失敗してしまったり、無理やり性交渉を強いられたりした際に服用することで、妊娠を防ぐことができるのです。通常、72時間以内に服用するのが条件になるのですが、早ければ早い方が成功率が高まるのです。しかしながら、中用量ピルは成功率が低用量ピルほど高くないので、そのあたりをしっかりと理解しておくといいでしょう。
このように、経口避妊薬にはタイプがあって、種類や用途、飲み方などが異なるのです。こういった知識を身に付けることによって、望まない妊娠を防ぐことができるように自分で調整をしていくことができるようになるのです。
今は男性だけでなく、女性もまた避妊を積極的にできるようになっています。ですから、自分というものをしっかりと持っていくようにしましょう。